Marvelous Act(2)

新潟市よりゆったりまったりお届けします。

カタクチイワシ寄らずサバ終了、しかしキジハタは居た。

f:id:marvelousact:20220706014529j:image

f:id:marvelousact:20220706014516j:image

f:id:marvelousact:20220706014456j:image

 

 

毎日毎日暑いですね。昨日は15時頃に雨が降る天気予報だったのにパラパラとほんの少ししか降らず、寧ろそのせいで湿度が上がり余計に不快感が増してしまう、そんな夕方でした。潮まわりも17時半に満潮潮止まりという事だったのでどうしようかとも思いましたが結局いつも通り海に行ってしまいました。

 

現場着は18時頃でした。とりあえずメタルジグを装着してみます。で、「サバは今日は居るかな~?!」と半信半疑ながらキャストしては巻いてきます。何時もだったならばカタクチイワシの群れが目視出来るくらい押し寄せてくるのですが昨日の夕刻は全く見かけませんでした。上空を飛んでいるカモメも海面を襲う事もなくのんびりした光景…。なのでやはりサバも回ってはきていないみたいで全くアタりません。なので15分くらいでスーパーライトショアジギングは終了し、テキサスリグへと結び替えました。

 

それにしても痛めていた右膝がやけに痛みます。なので先端部に辿り着くまで休み休み歩きつつランガンします。そして先端手前20m付近に来た時でした。コンっと明確なアタリが。すかさず合わせたら乗りました。掛かった魚を根から剥がす様にリールも巻き、浮かせにかかります。狙っている大きなキジハタ、という程の引きではありませんでしたがそれでもレギュラーテーパーのシマノフリーゲームXT B76Mは良くしなります。遠目の所で掛かったのでなかなか浮いてきませんでしたがこの引きはキジハタに違いありません。まだまだ明るいうちに掛かるのは最近の傾向→まずめ時になる前は渋い、という傾向からは外れていましたが兎に角まだ明るいうちにヒットしたのは嬉しい誤算でした。そしてヒットしてから30秒後には水揚げです。釣れたのはやはりキジハタでした。手尺で測ってみたらだいたい24cmといったところでしょうか。バパっと写真を撮り、リリースしました。これが上の写真1枚目のキジハタです。

 

その後も続くかな?!と思ったのですがそうはならず、いつの間にか日没、そしてだんだんと暗くなります。釣れない時間が続きます。ワームは先程のはエコギア・バグアンツ3インチでしたがここでこのワームはじっくり探るのに向いています。もう少しテンポを上げようと思い、ワームを同じくエコギアのキジハタホッグに変えてみました。立ち位置も中ほどの場所に移動。すると立ち位置もワームも変えた直後の19時半、先程の魚から実に1時間後にコッという小さなバイトが。でも空振りしました一回目は。アタった所をもう一度キャストし直して探り直したら今度はヒットしました。あまり引きは強くはありませんでしたがこれもキジハタでした。これが写真2枚目のキジハタです。これは20cmくらいしかありませんでした。フックサイズは#1/0でしたがその大きさでも問題無く喰ってきています。

 

リリース後に同じような所を再度トレースしてみたらその5分後にまたヒットしました。次も同じサイズのキジハタでした。やはり今年もこの釣り場ではこのサイズが多いみたいです。

 

とりあえず3匹釣れました。本当に一時はボウズを覚悟していたので良かったです。そして、辺りは暗くなります。もう少し釣れそうでしたがこの日はこれで満足、19時45分に納竿としました。20時半に見たいネット番組もありましたし。という事で足を引きずるようにして休み休み歩き、スクーターの停めてあった所まで所まで何とか辿り着き、帰路につきました。平日、2時間弱の釣行でしたがこの日も楽しむ事が出来ました。あわよくばもっと大きいのを釣りたいところですがそれは次回に取っておく事にしました。果たして今シーズンこの釣り場で40アップが釣れるかどうか?!これからも大いにキジハタ釣りを楽しみたいと思った次第であります。